えいじ@山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 一面のワタスゲの田代山と帝釈天

<<   作成日時 : 2015/06/14 08:57   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

以前から行こうと思っていた田代山にようやく行ってきました。予想以上の素晴らしい山でした。山頂が湿原になっており、会津駒ヶ岳や尾瀬の山々を望みながら歩けました。ただ、登山口へ栃木側が冬季通行止めで2時間ロスでした。事前調査を怠ると大変ですね。

1.日時 2015年6月13日 天気:晴れ
2.場所 田代山、帝釈天
3.参加者 M師匠、BBさん、えいじ
4.コース
  猿倉登山口11:40-12:30小田代12:40-12:50田代山湿原13:10-14:10帝釈山14:30-15:30田代山湿原15:30小田代16:30-17:20猿倉登山口

6:30南浦和に集合して、外環・東北道・日光道を通って、霧降高原を経由して目的地に向かいました。
林道に入り、あと数キロのところの分岐で冬季通行止めでした・・・・。
ああ、事前調査をしていればと後悔でした。
平家の落人の里の湯西川温泉を経由してR352を経由して、湯の花温泉から登山口に向かいました。
登山口には11:40に到着でした。
一時は、そばでも食べて、南会津のヒメサユリの群落でも見て帰ろうかとあきらめムードでしたが、無事登ってきました。

猿倉の登山口です。
明日の山開き?の準備中でした。


登山道は、緩やかで1時間程度歩くと小田代に到着です。
小さい湿原ですが、ちょっと一休みです。

さらに100m程度登ると、田代山に到着です。

田代山の湿原への入口です。
青空と湿原のコントラストが何とも言えません。


湿原の先には会津駒ヶ岳が見えます。


池塘も多いです。


チングルマも咲いていました。

ワタスゲ・・・・・・

ワタスゲ・・・・・・

ミヤマリンドウ

青空と白い雲

湿原の奥に山小屋があります。

小屋の中には仏像があって泊るのはちょっと怖いですね。
10人は泊れそうです。
隣に綺麗なトイレがあります。

田代山から1時間で帝釈天です。
山頂は狭いです。


帝釈天からの燧ケ岳と至仏岳

帝釈天からの会津駒ヶ岳

山頂にシャクナゲの花が残っていました。

オサバ草、あまり群生はありませんでしたが、登山道の脇に沢山咲いていました。

田代山の木道は一方通行です。

さよなら、田代山


田代山のワタスゲが綺麗でした。チングルマ、リンドウ、・・・・沢山の花が咲いていました。
穏やかな青空のもとで楽しめました。

帝釈天も行きましたが、田代山だけでも充分楽しめると思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
えいじさん
川俣ダムの方かの林道ですか?
ここは、色々と事情があって、あえて栃木県側と福島県側と結ばないようですね。
便利にしてしまうと桧枝岐村に宿泊する人も減ってしまうしとか・・・
私も昨年の6月、那須塩原ICからアプローチしましたが登山よりアプローチに疲れました。
izumi
2015/06/17 12:39
izumiさん
大人の事情ですか・・・
まあ、仕方がないですかね。調査不足でした反省です。
でも、時間があれば南会津も楽しそうですね。
えいじ
2015/06/17 22:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
一面のワタスゲの田代山と帝釈天 えいじ@山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる