富士を見ながら甲武信岳から雁坂峠へ

1.日時 2006年10月14日から15日
2.コース 1日目:西沢渓谷入口-甲武信小屋
      2日目:甲武信岳往復-破風山-雁坂峠-雁坂峠入口
3.参加者 萬代さん、えいじ
4.足、泊まり 自家用車、テント
こぶちゃんです。
画像

13日は大阪出張で夜の1時に帰宅して、山行の準備をしました。(私も好きですね)
14日は6:30起床、7:00に新宿で萬代さんを拾うべく出発、予想はできましたが、やっぱりの渋滞、先週に引き続き、昼間の車はいけませんね。渋滞との戦いです。首都高速を途中で降りて、千住、上野を経由して結局9:30に新宿に到着です。これから中央道にのって、さて今から行ける山はと考え直しました。11:00までなら甲武信岳がベストということで、蓼科、鳳凰・・・等色々検討しながら車を走らせましたが、結局は甲武信岳に決定して向いました。
12:10に西沢渓谷市営駐車場到着、これから5時間だとすると暗くなる前につけるかとひあひやでした。でも行ってしまう私ですが・・・
西沢渓谷は、地元の人に聞いたところ紅葉のピークは来週だろうと言うことで1週間ぐらい遅いとのことでした。
画像画像

12:40戸渡尾根コース(近丸新道?)の入口を通り過ぎて
12:50西沢山荘(休業中)前から徳ちゃん新道を登りだします。CT2:15でしたが、かなりピッチを上げて登ったので、近丸新道との出合いで14:20でした。
画像画像画像

稜線の方は雲が掛かっていましたが、それでも尾根道は紅葉が綺麗でした。
画像画像画像画像

順調な歩みはここまでで、この辺からバテてしまって、休憩を取りながら歩いて
17:00ぐらいに甲武信小屋に到着しました。
とりあえず、暗くなる前に着けてホットしました。
小屋でテント泊の手続きとビールを買ってテントを張りました。
ここで、ビックリといっても相棒の萬代さんは、新品のテントを買って初の山テント泊、テントを建て様とした所、ポールが無いことに気が付き、唖然出した。先週嬉しくて近くの公園でデイキャンプがてらテントを使ったのですが、デイパックにポールを入れたままで忘れてきたそうです。(これで2回目だそうです・・・)
ということで私の1人用テントで2人で泊まりました。(意外と寝れました)
夜は、萬代さんが作ってくれた骨付きラム入りクスクスでした。山では贅沢な料理でした。
画像

(ちなみにクスクスも持ってくるのを忘れて途中のスーパーで調達していました。)
と言うことがあり、まったく山小屋の方とお近づきになれず残念でした。
小屋には一升瓶が並んでいたり、お会計はお金置き場に自分で入れてつり銭を自分でとるという豪快な方式なので驚いてしまいました。
夜は、寒かったですが、綺麗な星空でした。明方風が強くなり雨も少し降ったようでしたが、朝は晴れていました。
6:40に起きて、まずは食事前に甲武信岳を往復します。快晴で富士山は綺麗に見えるは、奥秩父、八ヶ岳、遠くには・・・よくわかりませんが良い眺望でした。
画像画像画像画像

7:30にテン場に戻り、片付けて朝食です。テラス?でドイツパンのサンドイッチとスープでした。
(このような食事は私1人ではありえないので嬉しかったです)
甲武信小屋は趣がありかわいい小屋だったので写真に撮りました。
画像

また、ここの番犬、こぶちゃん(甲斐犬5ヶ月)をかわいがろうとしたところ、すこし噛まれてしまいました。
8:35小屋を出発、木賊山を巻いて賽の河原に9:07着、なかなか綺麗な眺めでした。この山系全体にいえるのか知りませんがしらびそ?の木が立ち枯れしていて綺麗ですが、山肌が段々侵食されるのは寂しい限りです。
画像画像

9:34笹平非難小屋、綺麗でまきストーブがあり、泊まってみたい小屋でした。
画像画像画像画像

ここからすこしきつい登りですが思っていたよりは楽に
10:10西破風山到着、埼玉県と山梨県の県境のためこの一体の山では両方の山の標識がありました。(埼玉県の方が豪華なつくりでした)、展望は今一です。登りきる手前の岩場が綺麗に展望がありました。
画像画像

10:50東破風山着、ここからの降りはすこしきついですが、鞍部からは緩やかな登りで楽しく景色を眺めながら歩けます。
11:30雁坂嶺着
画像

12:10雁坂峠着、日本三大峠ということで眺めも素晴らしかったです。近いせいか小粒ながら大菩薩峠に似た感じの峠でした。周りの景色はこちらの方が上だとは思います。
画像
画像画像

13:25沢峠右岸から左岸に渡る
14:00舗装道路に出る、これからがダラダラと長い道を下り、15:00ぐらいに駐車場に戻りました。
本来はお風呂に入って帰ろうかと言っていましたが、結局は渋滞になる前に早く帰ろうと
直ぐに車で帰途に着きました。そして残念ながら中央道は事故渋滞、談合坂SAでほうとうの夕食をとることにしました。
画像

結局」事故渋滞からいつもの自然渋滞にかわり、結局は新宿に8:00着、家には9:00頃到着しました。

人気blogランキングへ一票をよろしく!!



"富士を見ながら甲武信岳から雁坂峠へ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント