ガスガスだった雌阿寒岳

北海道遠征1日目は雌阿寒だけです。ガスに覆われていて山頂付近ではジェット気流のような風の音?噴火の音?でびくびくでした。下山途中でガスが切れて眺望もきくようになりました。

1.日時 2008年7月4日 天気:曇りのち晴れ
2.場所 雌阿寒岳
3.参加者 えいじひとり
4.コース
  雌阿寒温泉-頂上 往復

8:55の羽田発のANAで釧路に向いました。
飛行機から見る雲海も良いですね。
画像

予定通り10:30に到着し、日本レンタカーで車を借りて雌阿寒温泉に向いました。
12:30頃雌阿寒温泉の駐車場に到着し準備をして200m程度はなれた登山口から12:50登りました。
画像

最初はエゾマツ?の林を歩き、徐々にハイマツに変わります。
画像

登山道の両脇にはイソツツジの花が咲いていました。
画像

山頂付近は火山なのでザレタ登山道でした。
14:30山頂到着です。
画像

ジェット気流のような風の音で寒いし、何も見えないので写真を撮ってすぐに下山しました。
下山の途中にガスが晴れてきて、あと20分ぐらい山頂にいればもう少し眺望が得られたのではと少し後悔しました。雄阿寒岳?が見えました。
画像
画像

16:30に雌阿寒岳温泉の駐車場に到着でした。
画像

野中温泉(300円)に浸かって、次の登山口である斜里の清岳荘に向いました。

雌阿寒岳で見たお花たち
画像画像画像画像画像画像画像画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック