快晴の金峰山

20年振りぐらいに金峰山に行ってきました。記憶にはまったく残っていなかったので、新しい気持ちで歩けました。そして快晴で雪も適度に積もっており楽しい山歩きとなりました。

1.日時 2008年3月8-9日 天気:晴れ
2.場所 金峰山
3.参加者 BBさん、えいじ
4.コース
  瑞牆山荘-富士見平小屋(泊)-大日岩-金峰山-大日岩-富士見平小屋-瑞牆山荘

仕事の疲れのため土曜日は8:30に起床して、山歩きに行くか悩みましたが天気も良いので近場で雪の上を歩けるところを目指して行くことにしました。
10:30に自宅を出発し、12:00頃荻窪でBBさんを拾って途中のファミレスで行先を検討し、八ヶ岳の天狗岳か金峰山の案がでて、結局あまり歩かずに到着するところと言うことで金峰山に決定しました。途中で車のタイヤがパンクするわで、結局瑞牆山荘には16:30到着です。
この日は、富士見平小屋までの歩きです。広葉樹の林を歩いて少し登ると瑞牆山が木の間から見えます。
画像画像

17:50に到着です。夕焼け映える富士山が霞んではいましたが見えました。
画像


小屋で鍋とビールとワインで宴会をしてから就寝しました。
画像

9日朝6:00に目が覚めて7:00に小屋を出発しました。富士山が良く見えました。
画像

針葉樹の林を歩いていくと、7:54に大日小屋を通過し、シャクナゲの木を見ながら春には綺麗だろうなと思いながら歩きます。
8:20頃大日岩の手前で振り返ると南アルプスが綺麗に見えました。
9:30頃砂払ノ頭を過ぎると稜線に出ます。富士山も綺麗に見えました。もちろん八ヶ岳や北アルプスも一望です。
画像画像

景色を楽しみながら稜線を歩いて五丈岩を目指します。
10:40金峰山に到着です。
画像

画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像

画像

360度の景色を楽しみました。軽食といよかんとコーヒーを楽しんで
11:30下山開始です。
画像

12:10砂払ノ頭通過
12:50大日岩分岐通過
画像

13:50富士見平小屋でデポった荷物もって
14:40に瑞牆山荘に到着でした。
ラジウム温泉に入ろうかとも考えましたが、車で反対方向に進んで戻ったため、温泉に入らずに帰ってきてしまいました。中央高速はまだ渋滞していなかったので、荻窪に17:00頃到着し、家には18:00ぐらいに到着しました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年03月12日 14:54
地味な奥秩父山系の中で一番好きな金峰山には何回も登りましたが、積雪期の沢山の写真大変懐かしく拝見しました。 今は比較的簡単にアプローチまで車で入れますが、かっては入山が大変な所でした。
河童
2008年03月13日 07:40
相変わらずの「男前」なえいじさんに、よくお似合いな静かな山ですね。週末が待ち遠しく思いますが、お天気が・・・。どうやら雨男は私のようですね。でも雨のお山も好きな妖怪だから困ったものです・・・^^;
たけぱぱ
2008年03月13日 11:40
河童さん、
全く「男前」ですよね。
そして長身。
モテないわけがない。
「えいじの今日もハーレム山歩き」は永久に不滅です。
たんべぇ
2008年03月14日 13:40
昨年2月に金峰山に登りましたが、公共交通機関利用だったので増冨温泉から歩きました。
瑞牆山荘までタクシーで入りたかったのですが、断られたように思います。
マイカーならOKですか?瑞牆山荘まで、凍結の具合はいかがでしたか?
2008年03月16日 22:55
>ビデオ楽しさん
金峰山本当に良い山ですね。
景色も最高ですね。
歩きも思った以上にありますね。

>河童さん
気取った山頂写真ですね。
山は晴れれば最高ですね。
雨でもしっとりとした山を楽しみたいものです。
嵐は嫌ですね。

>たけぱぱさん
今年もハーレムを目指して頑張ります。
百名山も歩かなくては・・・

>たんべぇさん
まだ日陰は凍結しているところがあるので、スノータイヤ又はチェーンは必要です。
道は増冨温泉からより、反対側から入ったほうが道路もよかったです。
みく
2010年10月30日 22:36
今月の初め、私も金峰山を目指して行きましたが、
時間がなかったのと、曇りの為、朝日岳で残念しました。是非次回は金峰山まで行ってみたいです。
2010年10月31日 14:38
>みくさん
コメントありがとうございます。
大弛峠から歩かれたのですか?
私もいつかは車で行きたいと思っております。

この記事へのトラックバック

  • 金峰山

    Excerpt: 新年明けましておめでとうございます。 新年最初の山は金峰山。 何となくおめでたい感じのネーミング「金の峰」。 積雪期の正月山行です。 Weblog: 101座からの山歩き racked: 2010-01-09 17:04