晩秋?初冬の雲取山

寝坊しながらも初志貫徹で雲取山に行ってきました。
画像

1.日時 2006.11.18-19
2.参加者 えいじひとり
3.コース
18(土)11:35三峰神社-12:40霧藻ガ峰-13:50前白岩山-14:05白岩小屋-14:25白岩山-15:03大ダワ-15:24雲取山荘-15:56雲取山頂(非難小屋泊)
19(日)6:30雲取山頂-7:06奥多摩小屋-七ツ石分岐-8:23堂所-9:30車道出会-10:00鴨沢バス停

朝起きるのが遅れて、家を7:30に出発、柏発7:42の快速で西日暮里、池袋に向かい、8:30の西武レッドアロー号に乗車、9:54頃西武秩父に到着、10:10発の三峰神社行きのバスに乗りました。今は、ロープウェイは故障で神社に行くにはバスしかありません。
神社の駐車場には11:25着、これから雲取山までいきます。
画像

11:30予定より1時間遅れなのでかなりあせって歩き出しました。あえぎながら晩秋の山道を落ち葉を踏む音をたてながら足早に歩きました。
画像
画像

12:40霧藻ガ峰着、両神山の眺望がきれいでした。
画像

休憩所のおじさんと話していたところ、コーヒーをご馳走して頂きしばし休憩しました。色々と面白い話を聞かせて頂きましたが詳細は別途の機会に、少しあせっていたので早々と13:00にはお邪魔しました。大変ありがとうございました。
この辺から山登りらしい道になりました。(危険ではありません)
前白岩山からは白岩山が見えこれから少し頑張らねばと言う感じでした。
画像

14:05白岩小屋のおじさんとも少し話しましたが、お客はまったく無しとのことで暇そうでした。
14:25白岩山到着、1時間前に三峰から歩いた人に追いついたので少しホットしました。
鹿が山頂近辺をウロウロしていました。山頂は登ってきた達成感を感じられない木々の中にあり眺望はありませんでした。
画像

ここからは、また稜線歩きで葉の散った広葉樹林の中を歩きました。
15:03大ダワを過ぎたあたりから、登山道に少し雪のあとがありました。ほんとパラパラでしたが・・・。そんなに寒くはありませんでした。
画像

15:24雲取山荘に到着、宿泊客の皆さんは外にあるストーブの上にあるなべをつついていました。ビールとワインを買って先を急ぎます。
画像

15:56雲取山頂に到着しました。
画像

今日は非難小屋で宿泊です。
先に、3人組が3組おり、私とあとからもう一人で合計11名でした。
皆さん、なべを囲んで楽しそうにしていました。私は残念ながらラーメンと昼の残ったおにぎりでした。外に出ると夕闇に富士山が見えました。東京方面の空は夕焼けのように空が赤くなっていました。あとはビールとワインを飲んで、18:00ぐらいには寝てしまいました。
寒くなりそうだったので、着れるものを全て着込んで、3シーズンの寝袋で寝ました。
(ちなみに今回はテントももって行きましたが利用しませんでした)
寝込みは寒かったですが(-1℃)、夜中に暑くなり汗をかくぐらいでした。
朝は-3℃でした。これってやっぱり寒くないですよね。2000mでこの時期で・・・
朝は5:00ぐらいに起きて、朝食、今回はリゾットにしてみました。意外とおいしかったです。
画像

山頂に行ったり、まったりとしながら明るくなるのをまって6:30に出発しました。
木々は霧氷で真っ白で綺麗でした。ガスっていたので眺望はまったくでした。
稜線はひらけていて歩きやすく、晴れていれば眺望が良いだろうと思いながら
霧氷の美しさを楽しみました。
画像

雨も降りそうだったので、七ッ石山はパスして下山を急ぎました。
道は平坦で歩きやすく広葉樹や針葉樹の中を自然を感じながら歩きました。
画像
画像
画像
画像

雨も本降りにならずに鴨沢のバス停まで降りられました。
10:00ぐらいだったのでお店も開いていなかったので、蕎麦屋をさがして深山橋まで歩きましたが、結局なにも無かったので、10:53のバスで奥多摩に向かいました。
画像

11:34奥多摩発の電車で東京へ、徒町の山の店でウインドショッピングして家に16:00に着きました。

人気blogランキングへ一票をよろしく!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月20日 03:45
こんにちは。

私は去年逆コースで登っています。三峰神社から山頂まではかなり長かったのではないでしょうか。

この時期であの避難小屋に結構泊まっているのですね。さすが人気の山ですね。

霧氷のあとに紅葉というのも今の時期ならではという感じでうらやましいです。
ヒロ
2006年11月20日 10:35
 えいじさん、勢力的に行ってますネ!!

俺はさっぱり行ってなくて羨ましいです。

そろそろ東京駅近辺で飲みたいですね!!^^v

いつがいいですか?
2006年11月20日 12:56
どーも僕です♪反対のコースですね。
登り結構キツかったでしょ?
あの避難小屋はいつも混んでますね。
話変わりますが、ブログ作りました。
(友達が作ってくれました。)
女峰山の時の動画もあります。
くろちゃん
2006年11月20日 16:19
私は以前、三峰神社から往復しました。
やはり鹿が何かくれ~って感じで寄ってきましたよ。
登山者多いから、人馴れしちゃってるのかな。
山の上でナベやってる人、多いんですね~!!
材料や器具持ってくの、大変そう(>_<)
でも、めちゃおいしく感じられそうですよね☆
2006年11月20日 20:28
紅葉に霧氷。雪が覆えば決してみることの出来ない、この時期ならではの風景ですよね。
私も雪が降る前にめい一杯堪能したいと思っています。
勿論その後に控える雪もですけどね(苦笑)
2006年11月21日 12:56
気の小さいさるやは、避難小屋泊まりに、尊敬の眼差しです。
一人しかいなかったら・・・怖いし 見知らぬ方と 二人でも・・・怖いし・・・
ふうろ
2006年11月23日 00:47
ご無沙汰です。
雲取行ってきたんですね。
三峰からは登ったことないので狙ってみたいですね。
これからは手ごろで楽しめていい山ですよね。
2006年11月24日 14:32
同じ名前の方でびっくりしました。雲取山は3年前に1度上っているのですが,明日11月25日に再度上ります。参考になりました。ありがとうございます。
2006年11月26日 12:23
まるふくさん、こんにちは
返事が遅れて申し訳ありません。
ひとりで歩いたので意外と短かく感じました。でも白岩山の登りはまだかと言う感じでした。非難小屋のおかげで山小屋の宿泊客が減っているという情報もちらほらでした。
2006年11月26日 12:25
ヒロさん、頑張って行ってます。
東京での飲み会いつでもOKですよ。たまに仕事で出張があるので事前に連絡ください。
2006年11月26日 12:31
萬代さん、萬代さんに負けじと行ってきました。
思った以上に好い所でしたね。また行ってみたいと思っています。さて今頃ヒマラヤですね。気をつけてください。
2006年11月26日 12:35
くろちゃん、こんにちは
なべと言っても、みんなコッヘルでやってましたよ。やっぱり流行りはキムチなべですね。暖かくて良いと思います。材料はスパーで売っているものに+うどんと言うことらしいです。と人のなべを見ながら研究していました。私も頑張ろう。でもひとりのなべは寂しいですね・・・
2006年11月26日 13:27
河童さん、霧氷はラッキーでした。久々に感動しました。ガスの中に見えたときは幻想の世界でした。晴れていればきらきらと輝いていたのでは・・・。また見たいですね。
2006年11月26日 13:30
さるやさん、やっぱりひとりより、多人数の方が良いですね。でも気楽に気ままに歩くときにはひとりも良いときもありますね。食事のときのわびしさはありますね。
2006年11月26日 13:32
ふうろさん、雲取山良かったです。また行きたいです。またコースを変えてチャレンジします。甲武信ヶ岳までの縦走も良さそうですね。
2006年11月26日 13:36
ピークハンターさん、始めまして、年齢も一つ違いですね。これからもよろしくお願いします。雲取山今頃登られているのですね。レポートお待ちしております。

この記事へのトラックバック