えいじ@山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 南アルプスの千枚から悪沢、赤石、聖、茶臼(3日目)

<<   作成日時 : 2013/08/24 11:58   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

3日目は本コースのメーンの歩きどころです。
悪沢岳から赤石そして百間洞山の家までのロングコースでした。
前半は花と景色を堪能し、後半は自然に恐怖を抱きました。
無事、歩きとおせてホッとしました。

1.日時 2013年8月13日〜8月17日 4泊5日
2.場所 南アルプスの南部
3.参加者 M師匠、えいじ
4.コース
 1日目 椹島へ
 2日目 椹島-千枚小屋
 3日目 千枚小屋-千枚岳-悪沢岳(東岳)-中岳-荒川小屋-赤石岳-百間洞山の家
 4日目 百間洞山の家-兎岳-聖岳-聖平小屋
 5日目 聖平小屋-上河内岳-茶臼岳-畑薙第一ダム

3日目、朝3:30起床、朝食は4:20からでした。美味しくてボリュームある食事でした。
(写真は前日に下に載っています)
富士山の頭だけが小屋の真ん前に見えていました。

4:50小屋を出発です。
マルバタケブキの黄色い花が一杯咲いていました。

5:05日の出です。

5:35千枚岳山頂に到着です。きれいな景色です。


東斜面のお花がきれいでした。

6:25丸山通過
雄大な景色です。

7:00荒沢岳(東岳)到着です。コーヒーを沸かして景色を見ながら味わいました。
白い花が群生していました。

8:13中岳避難小屋の手前でブログ友達のK林さん親子にお会いしました。
反対周りだったのでたぶんどこかで会えるだろうと思っていました。
8:15中岳避難小屋通過です。
8:25中岳頂上通過
前岳はパスして、荒川小屋に向かいます。
前岳の東斜面をトラバースします。赤石岳に続く登山道の景色は最高です。

8:45頃、鹿対策でフェンスが張られている花畑を通過します。

沢山の花が咲いていました。昔はもっと咲いていただろうと複雑な気持ちでした。

9:25荒川小屋到着です。
ここで大休止です。水も豊富にありました。

10:10出発です。
トラバースする登山道を歩いていると、南アルプスの優雅さを感じます。ブラボーって感じです。
この道が南アルプスで好きな道のひとつです。
赤石に向かいます。


荒沢岳方面を振り返ります。


11:55小赤石岳通過です。

12:25赤石岳山頂に到着しました。

ガスが出てきて眺望はありませんでした。
13:10頃から雨が降り始め、大粒の雨を降ってきました。

13:45頃、雷が遠くで聞こえてきたので注意して歩いていると手元で火花が飛びました。
M師匠も頭に電気を感じたということで、岩陰に隠れました。
ツエルトを被って30分程雷の進路を見ていましたが、雷も少し落ち着いてきたし、後からきたかたが歩いて行ったので、歩きだしました。
ちょうど馬の背の稜線だったので、歩くところが一番高いし逃げるところがないので怖がりながら歩きました。
数分歩くと8人ぐらいの方が、ザックを放り出し、ハイ松の中で屈んでいました。
話を聞くと皆さん、私たちと同時期に帯電したらしく、倒れたり、服から煙が出たりだったので避難しようということでした。幸い怪我人はいませんでした。
それから、1時間程度我々もハイ松の中でツエルトを被って避難していました。
でも、それ程避難できる場所もなく、ハイ松の脇にいて、強い雨が降り、雷が頭上というか、隣で鳴ったり、左から右に走っていくと、生きた心地がしませんでした。
30分程度たって数人の方は寒いとのことで、雨の中で待っていても低体温症が怖いので、小屋に向かいました。
結果的には先に行かれた方は無事小屋にたどり着きました。私たちはその後、30分程度留まり、雷が過ぎてから小屋を目指しました。
私たちは尾根の一番高いところにいたので、雷が一番近かったものと思われます。
小屋に向かえば少し下がるので、先に歩いた方は、雷が後方になっていくことを実感したそうです。
幸い全員無事でよかったです。

自然の恐ろしさを体験して、いろいろと反省しております。

この中で、初めてツエルトの有難味を実感しました。あまり使うことのないものですがやっぱり必須のアイテムだと思いました。

ということで、百間洞山の家には16:30頃到着でした。
残念なのは、夕食の締め切りが過ぎてしまったので、とんかつが食べられませんでした。
軽食としてカレーライスと鶏の唐揚げをオーダして夕食としました。

小屋では、雷にあった方たちと一体感が生まれてて、飲みながら互いの無事を喜び合いました。

小屋は、満員で屋根裏小屋でしたが、却って広く使えて幸せでした。


翌日の朝食の写真を載せておきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは♪
15日の雷、ものすごく近かったようですね。
ご同行の方も、雷の同胞の皆さまも、お怪我がなくてなによりでした。。。
私のいた蝙蝠岳には、帯電するほどの近くまでは雷は接近しなかったですが、それでも生きた心地がしなかったです。
えいじさん達はどんなにか恐ろしかったことかと。。。

いろいろ反省もあり、学ぶ点もあり。今回のことで、テン泊でなくてもツェルトは必携だなぁ、と私も思いました。

雷を覗けば、大展望で花もいっぱいで、素晴らしい稜線歩きでしたね!
大縦走、お疲れ様でした(^^v
まきchin
2013/08/25 18:45
まきChinさん
はい。自然の恐ろしさを体感した山歩きでした。
山で一番怖いものは、雷、熊、落石・・・
などなど、考えながら歩きました。
素晴らしい自然に楽しませて頂いている私達も自然の一部だなと感じました。
えいじ
2013/08/26 19:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
南アルプスの千枚から悪沢、赤石、聖、茶臼(3日目) えいじ@山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる