えいじ@山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 北岳から間の岳そして塩見岳(2日目)

<<   作成日時 : 2008/08/22 06:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前日は、熊の平を目指しましたが、バテバテで軟弱にも北岳山荘でテント泊でした。朝起きて天気は良好、体調も良かったので、当初の予定通り塩見岳を目指しました。

1.日時 2008年8月15日−17日
2.場所 南アルプス 北岳、間の岳、塩見岳
3.参加者 えいじひとり
4.コース
  広河原−八本歯の頭−北岳山荘(泊)
  北岳山荘−間の岳−塩見岳−三伏峠小屋(泊)
  三伏峠小屋−鳥倉登山口

8/16 3:00起床、準備をして4:30北岳山荘を出発です。まだ暗いのでヘッドランプをつけて間ノ岳を目指します。
雄大な間ノ岳の姿に見せられながらなだらかな稜線歩きです。5:00には明るくなりヘッドランプはいりませんでした。
日の出で鳳凰三山の方が赤くなっていました。富士山も綺麗に見えました。
画像

5:55間ノ岳山頂到着、360度の眺望がひろがります。
画像

画像画像画像画像画像画像画像画像画像

天気も体調も良かったので塩見岳方面に向います。
ざれた登山道を降りて少し足場の悪い岩場を過ぎて6:52三峰岳です。
ここから仙塩稜線を歩きます。
なだらかな稜線を歩くと農鳥岳への迂回ルートの分岐を過ぎ、這松の登山道を歩き、林の中に入ってマルバダケブキの花畑を過ぎるて8:00に熊の平です。
画像画像

小屋の前のテラスで西農鳥岳?を眺めながら休憩しました。
画像

ここからはハイマツの登山道と岳樺やシラビソの林を歩きます。林の切れる明るいところではハクサンフウロの花が多く咲いていました。
画像画像

9:25小岩峰を通過、間ノ岳と農鳥岳が綺麗です。
画像

10:30に北荒川岳を通過、少し下ったところで左側の斜面にマルバダケブキのお花畑が広がります。閉鎖された小さな小屋もありましたがテント泊に最適な場所と思いましたが、キャンプ禁止の立て札も立っていました。
少し休憩してお花畑の真ん中を歩いて塩見岳に向います。
画像
画像

12:12北俣岳分岐に到着です。蝙蝠岳とその稜線が綺麗です。いつかは歩いてみたい稜線でした。
画像

12:50塩見岳に到着です。東の方が少し高いようです。東で写真を撮って西に移動して休憩です。
山頂には2グループ8人ほどがいました。
画像
画像
画像

13:10塩見小屋に向って下山開始、途中で雷鳥の親子が砂浴をしていました。
画像

このルートで一番危険な登山道でざれた岩場の下りです。
画像

14:00塩見小屋到着、本当はここで宿泊したかったのですが予約もしていないし、明日のバスの時間もあるので
14:30三伏小屋に向って歩き出します。
ここからは、シラビソの林の中を歩きます。前半の山は迂回するのでほぼ水平道を歩きます。でも後半は意外と上りもあったりしました。
画像

17:00に三伏小屋に到着です。それなりに冷えたビール?(まったく冷えていませんでした)を買ってテントを設営して、夕食を食べて19:30就寝でした。汗でべとべとの体と雨の音で寝付けませんでしたが21:00頃には寝ていたようでした。

本日はなんと12:30の行動時間でした。よく歩いたなと感心しました。膝の調子はまずまずでした。
(しかし。この後遺症は体を蝕んでいたようです・・・・・・)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北岳から間の岳そして塩見岳(2日目) えいじ@山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる