えいじ@山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹沢縦走

<<   作成日時 : 2006/12/24 17:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

1.日時 2006.12.23(土)
2.コース
  7:50大倉-10:35塔ノ岳-11:34丹沢山-13:00蛭が岳着 休憩
  13:30蛭が岳発-14:42姫次-15:00八丁坂の嶺-17:30東野バス停
3.参加者 BBさん、えいじ

先々週のリベンジと百名山ハンターの意地で頑張ってきました。
屋久島での自分の歩いたCTを過信して、日帰りに挑みました。
下山のリミットは、16:20東野バス停です。この時間しかバスはありません。
結果的には惨敗で、1時間遅れでした。でも東野バス停からタクシーで4100円で藤野の駅まで行けたのが新しい発見でした。小田急で行って中央線で帰ってくるって何か感動でした。

朝4:30起床、会社に行くのとは違って山のときは早起きできます。
5:17柏発の電車で代々木上原を経由して渋沢に7:30着、今回の相棒は小田急沿線なので余裕のようでした。駅近のコンビニで朝食とお昼の食事を調達して、タクシーで大倉登山口まで1510円でした。
今回のコースはガイド本では、CT9:00時間、距離21.4kmです。
最初は順調に歩いて、2週間前に比べて木々の葉は全て落ちて冬景色だなと思ったり、富士山が綺麗に見えて写真を撮ったりと余裕でした。
画像
画像

10:35に塔ノ岳到着、晴れてはいましたが残念ながら富士山は見えませんでした。風は冷たく休憩はそこそこにして丹沢山に向います。
画像

天気は上々で霜はたっていますが雪もなく歩きやすい稜線でした。また富士山の頭だけが見えてきました。笹の草原では鹿の親子が仲良く休んでいました。
画像
画像

11:34丹沢山到着、風が遮られているので、のどかに昼食をとっている人たちが多かったです。
我々はまだ16:20に間にあわすべく、少し休憩を取り蛭が岳を目指します。
画像

12:13不動の嶺の休憩所を通過、この辺から疲れが出てきました。蛭が岳の山荘が見えますがおなかも空いてきてなかなか前に進みません。
画像

13:00蛭が岳到着、あと3時間なら何とかなるかと思っていましたが、計画時と違うガイド本を持ってきてしまったため、CTが分からず、山小屋の人に確認すると16:20東野は無理だとのこと。ここで鍋焼きうどんを食べて、進退を検討した結果、遅れてもタクシーで帰れるとのことだったので強行しました。
(鍋焼きうどんですが、今回も食べ終わるこるに写真を撮ることを思い出して、食べさしの写真で申し訳ありません。)
画像
画像

13:30に出発して冬枯れの林の中を歩いて、14:40姫次に到着、カラマツの林と青空が綺麗でした。
画像
画像

15:00に八丁坂の嶺です。後は下りが1000mです。100m降りるのに10分で計算すると100分、残りは80分、何とかなるかと頑張って200m降りるのに30分掛かり、遂に諦めて休憩を取りました。八丁坂の嶺から3.5kmぐらいは山道で、林道には16:30に出て残り2.5kmは舗装した道を歩きました。
画像

17:20に東野バス停に到着です。

バス停前にある旅館兼食堂の鶴屋旅館に入ってタクシーを呼んでもらい、約30分で来ると言うことなのでビールで乾杯し、お酒4合、野菜炒め(1)、親子丼(1)で合計2800円(2人分)と感動の安さでした。

タクシーの運転手さんに聞いたところ、三ヶ木まで4000円強、三ヶ木からバスで橋本まで40分、藤野までも4000円強ということなので、藤野に向いました。18:00に東野を出て18:25には中央線に乗れて立川、西国分寺を経由して新松戸、柏に20:40に着きました。

今朝起きると快晴でした。今回はやっぱり、蛭が岳の山小屋でゆっくり泊まった方がもっと山を楽しめたなと後悔していました。そして足は痛いし、腰も痛いということで、やっぱり単なる自分への過信であって普通のおじさんのように楽しんで歩くべきだと少し反省しております。

人気blogランキングへ一票をよろしく!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。以前から拝見させていただいておりました。今年ももう残りわずかですが、この1年本当に精力的な登山をされていますね。ツキイチ登山のワタクシとしましては羨ましい限りです。

丹沢には3週間前に焼山登山口から日帰りで縦走いたしました。自宅から出発しての大倉発では時間的に自信がなかったので、前日の夜に移動して八王子のホテルで一泊してからの朝一チャレンジとしました。実は丹沢に行ったのは初めてだったんですが、何とか予定したコースを歩けて達成感と充実感に浸ることができました。ですので、えいじさんたちが味わった感動は共感できる内容でもありました。

では今後も100名山達成に向けてがんばってください!!陰ながら応援していまーす。
ここあパパ
URL
2006/12/24 20:49
何気なく読みすすんでいて、ふと引っかかる場所が・・・・、30分で酒4合ですか・・・・
が、頑張らねば・・・
魔王
2006/12/24 21:13
この時期に長時間コースでしたね。16:00位になるともうすっかり日が落ちますから小心者の親方はどうしても短いコースを選択してしまいます。
いつか蛭ヶ岳までと考えていましたが藤野からタクシーと言う手がありましたか>メモメモ
ナイトハイク
URL
2006/12/24 22:32
今山ブログ界で人気の鍋焼きうどんと鹿ですね。
それにしてもお天気が良いに越したことありません。
読む側もじっくり堪能出来ました。
ありがとうございました。
河童
URL
2006/12/24 22:47
塔の岳には、一泊で行ってみたいと思っていました。
山は最近午後になると日が陰るので、こけないくらいには、急いで下山ですよね。
下山口に旅館があるのですね。
よかったよかった。
さるや
URL
2006/12/24 23:27
おお〜私もやってみたいコースだ。やっぱ日帰りはきついのかな?逆からやってみたいなあ。
しっかしえいじさん、ここのところめっちゃハイペースで山入ってますねえ。うらやましすぎ。スイッチ全開だ。私なんてただの飲んだくれだよ・・・。
ふうろ
2006/12/25 11:05
念願の縦走成功おめでとうございます。
日の短い時期のロングコースは厳しいですね。おまけに最後がバスの時間が決まっているとなおさらです。
でも同行者がいるとタクシーは良いですね。
それより食事代安すぎ。酒飲み過ぎ。
へっぽこ山ちゃん
2006/12/25 11:47
この時期にロングコース、うらやましいです!
私は小心者なので、最近は里山ばかり。。。
歩行時間も3、4時間なので、なんだか歩き足りないです。
丹沢は一度行ってみたいと思ってるところなので、コース参考になりました☆
今年はムリだけど、来年こそ行ってみたい♪
くろちゃん
2006/12/25 16:22
ここあパパさん、ようこそいらっしゃいませ、私も何度かお邪魔していました。可愛いお子様と、綺麗な写真が印象的ですね。丹沢はここあパパさんの方が本流を歩かれましたね。私も焼山まで歩きたかったのですが時間切れでした。またよろしくお願いします。
えいじ
2006/12/26 00:15
魔王さん、4合は少し多かったかもしれませんね。2合を追加注文したときにタクシーが来てしまい、コップ酒で飲んでしまいました。
帰りは良く寝れました。
えいじ
2006/12/26 00:17
小太り親方さん、そうなんです。林道は真っ暗になってしまいました。ひとりでは怖くて歩けませんね。2人であればタクシーも怖くないですね・・・
えいじ
2006/12/26 00:20
河童さん、今回は確かに歩き応えがありました。まだ足が痛いです。これくらい平気で歩けるようになりたいものです。腰も痛くなるし大変ですね。天気は冬の快晴にはもうひとつでしたが、久々の快晴で嬉しかったです。
えいじ
2006/12/26 00:23
さるやさん、塔の岳も良いですよ。ヤビツ峠からの尾根歩きもよさそうですよ。私は曇りでしたが・・・(12/10)
山は時間があれば、ゆっくり行った方が楽しめそうですね。
えいじ
2006/12/26 00:26
ふうろさん、問題なく行けますよ!!但しお酒と食事の量を少し減らして行けば楽勝だと思います。逆からの方が本流だと思います。ただ日帰りは難しいですよ?・・・
えいじ
2006/12/26 00:29
へっぽこ山ちゃん、山を降りたらやっぱりお酒ですよね。これもひとつの楽しみですね。でもこの距離は少し頑張りすぎたようです。山歩きをもう少しゆっくりと楽しむようにしたいですね。今は時間をつかうことが一番贅沢ですね。
えいじ
2006/12/26 00:32
くろちゃん、丹沢はそちらからは少し遠いですが、1泊2日で是非挑戦してください。ルートは沢山ありますので楽しめると思います。
冬になると雪があまり無いところというと行くところが限られちゃいますよね。
えいじ
2006/12/26 00:35
えっ?えっ?
ここを日帰りしちゃったんですか?
この日の短い時期に?
スゴッ!
sanae
URL
2006/12/29 23:38
sanaeさん、年甲斐も無く頑張りました。少し無理をしたようです。ゆっくりした方が山は楽しめますね。
えいじ
2006/12/31 16:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
丹沢縦走 えいじ@山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる