えいじ@山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿蘇山

<<   作成日時 : 2006/11/10 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

1.日時 2006年11月3日
2.行き先 阿蘇山
3.同行者 ○井さん、えいじ
4.コース
  仙酔峡-(ロープウェイ)-火口東-中岳-高岳-仙酔尾根-仙酔峡

九重山を登ってその足で阿蘇山に挑戦しました。
14:25 仙酔峡発のロープウェイに乗って火口東まで登りました。
火口の展望台まで歩いていると、硫黄を含んだ風でのどがむせました。
画像

14:45 中岳西稜展望所着
火口から風が吹いていたので若干怖さを感じました。
画像

そこそこに引きあげ、中岳に向います。
時間的に遅かったので、降りてくる人ばかりでした。
画像

15:07 中岳山頂着
画像

15:26 高岳山頂着、あっという間の山歩きです。
画像

ここから戻るか、通称馬鹿尾根を降りるか悩みどころでした。
画像

中岳であった方曰く、本当に単調で辛い尾根だと言うことでした。
戻るのも大変だし、降りようと決定しました。このときはまだ余裕でしたが
何度と無く、後悔をする尾根くだりでした。
画像

全て溶岩でできた尾根なので茶色いペンキを塗ったような岩でした。
画像
画像
画像

あえぎながら結局は17:20に仙酔峡の駐車場に到着しました。
ここにも何故か、狂い咲きのつつじが咲いていました。
画像

ここから、車を飛ばして、祖母山のふもとの尾平に向いました。
青少年旅行村「ほしこが」に7:00ぐらいに到着しました。
夕食は鍋料理、生ビールで乾杯し、ワインもすこし頂いて祝杯をあげました。
画像

明日は、祖母山に挑戦です。

人気blogランキングへ一票をよろしく!!





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
岩、ほんとペンキを塗ったような色ですね。
その日2つ目の山なのに、あえて大変なルートを選んでしまうとは、さすが山好きですね(^o^)b
私だったら間違いなく楽チンルートを選んでそう(^o^;)ゞ
くろちゃん
2006/11/13 14:29
くろちゃん、単に戻るのが嫌だっただけです。
同じルートを歩くより、知らないところを見てみたい歩いてみたいと言う欲張りな思考のためかと思います。同じルートでも登るのと降りるのは風景が違うのだろうと思いつつも・・・、でも時間と体力の勝負になることもありますね。
えいじ
2006/11/14 01:30
遅ればせながら・・・。
こういうとこだったんですね。
相棒が行った時には、豪雨で、ザックカバーを吹っ飛ばされたりするおばさんや、自分が吹っ飛びそうなお歴々が、写真に写っており、景色は皆無。
こんなにいいとこだったんだ〜って始めて・・。
そういえば、ここだけは九州の百名山の中唯一、修学旅行で行ったことがありました。
随分昔だな〜〜〜〜。
さるや
URL
2006/11/14 10:49
さるやさん、でもやっぱり山頂は木も草も無いので風が吹いたら最悪のところだと思います。今回は天気がよくってラッキーでした。私も30年前に一度行きました。
えいじ
2006/11/15 00:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
阿蘇山 えいじ@山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる