えいじ@山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮之浦岳

<<   作成日時 : 2006/11/29 00:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

1.日時 2006/11/24
2.参加者 えいじひとり
3.コース
  5:07淀川登山口−5:39淀川小屋−6:29小花之江河−6:39花之江河−7:55くりお岳
  8:07宮之浦岳山頂−8:17山頂発−9:50花之江河−10:47淀川小屋−11:16淀川登山口
画像

前日の18:00過ぎに屋久島到着、レンタカーを借りて買出しをして、淀川登山口駐車場に20:00頃到着、ビールとウィスキーを飲んで車で就寝、真っ暗でライトを消すと何も見えませんでした。駐車場に行く道では10匹ぐらいの鹿が道を歩いており、恨めしくこちらを見ていました。
AM3:00頃となりに車が来て目が覚めましたが、雨も降ってきたのでその方たちも出発を遅らせました。4:30頃その方たちが出発したので、私も起きて5:00に出発しました。
画像

この日の15:40発の船で鹿児島に戻るので一生懸命歩きました。
看板にはCTは9.5時間でしたが、結局6時間ちょっとで歩いてしまいました。(プチ自慢)
真っ暗な中をライトを頼りに歩きました。5:40頃淀川小屋通過、沢山の方が出発の準備をしていました。
画像

休憩も取らずに歩いて、何組かの人たちを追い抜いて、今回は調子よく歩けました。小花之江河あたりから明るくなりライトを消して歩きました。
画像

休憩はとらずに歩いていると、いつの間にかくりお岳でした。距離の標識はありましたが、場所を特定する標識が無かったのであまり通過時刻を特定できませんでした。
画像

8:00頃宮之浦岳山頂到着、今日もやっぱり雨、さすがに寒くなってきたので写真を撮って、パンを食べて早々に退散しました。
画像

降りは少し余裕を持って写真を撮りながら歩きました。
花之江河は尾瀬を思い出しながら歩きました。
画像

このコースは有名な屋久杉はありませんでしたが、それでも大きな杉は沢山ありました。
画像

淀川の流れは凄く綺麗で透き通っていました。
画像

淀川小屋はログハウス風で中は2段になっています。少しかび臭かったですが充分使えそうでした。確かに朝は沢山の方がおられました。
画像

帰りも休憩なしで降りて結局は11:16に登山口に戻りました。
画像

その後、船に乗るまでまだ時間があったので
車で安房に戻り、温泉を目指しました。
海中温泉は、野趣にあふれて雰囲気がよかったですが、海水だし少しぬるかったです。でも地元の方と話しながら楽しめました。
画像

湯泊温泉は、少し人工的な感じでしたが入り易い温泉でした。
画像

でも、どちらも女性にはチョット難しい温泉ですね。
15:40の船で鹿児島に戻りました。

ということで、今回は雨でもあり、CT6:00時間で歩けたことを、自分では意外と行けるものだと感心しました。
本当はゆっくりと山を楽しみたかったのですが・・・

人気blogランキングへ一票をよろしく!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
6時間で歩いてしまうとはスゴイ!!!
しかも雨なのに!
私はカッパを着ると、私は普段の1.5倍くらい疲れる気がしますよ(^-^;)
屋久島、やっぱりいいですね〜☆
淀川の写真がすごくキレイ♪
屋久島には学生時代に一人旅で行ったことがあるんですが、当時は山には興味がなく、ウィルソン株と縄文杉だけ見て帰ってきてしまったことが、すごく悔やまれます(>_<)
私ももう一度行って、今度は登りたいな☆
くろちゃん
2006/11/29 14:14
でもこの雨、これが屋久島なのですよね。
一期一会は笑顔だけではありませんよね。
河童
URL
2006/11/29 20:52
くろちゃん、返事遅れて申し訳ありません。
自分でもびっくりしています。どうしてこんなに早く歩けたのか?ひとりで雨なのでなにも見るものが無かったからかなと思うし、日頃の山歩きの成果ではとも思っています。また何年か先にチャレンジしたいです。
えいじ
2006/12/04 22:52
月に35日雨が降ると言われているので、こんなものなのでしょうかね。今度はもっとゆっくりと歩きたいものです。
えいじ
2006/12/04 22:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
宮之浦岳 えいじ@山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる