えいじ@山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士を見ながら甲武信岳から雁坂峠へ

<<   作成日時 : 2006/10/16 19:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 16

1.日時 2006年10月14日から15日
2.コース 1日目:西沢渓谷入口-甲武信小屋
      2日目:甲武信岳往復-破風山-雁坂峠-雁坂峠入口
3.参加者 萬代さん、えいじ
4.足、泊まり 自家用車、テント
こぶちゃんです。
画像

13日は大阪出張で夜の1時に帰宅して、山行の準備をしました。(私も好きですね)
14日は6:30起床、7:00に新宿で萬代さんを拾うべく出発、予想はできましたが、やっぱりの渋滞、先週に引き続き、昼間の車はいけませんね。渋滞との戦いです。首都高速を途中で降りて、千住、上野を経由して結局9:30に新宿に到着です。これから中央道にのって、さて今から行ける山はと考え直しました。11:00までなら甲武信岳がベストということで、蓼科、鳳凰・・・等色々検討しながら車を走らせましたが、結局は甲武信岳に決定して向いました。
12:10に西沢渓谷市営駐車場到着、これから5時間だとすると暗くなる前につけるかとひあひやでした。でも行ってしまう私ですが・・・
西沢渓谷は、地元の人に聞いたところ紅葉のピークは来週だろうと言うことで1週間ぐらい遅いとのことでした。
画像画像

12:40戸渡尾根コース(近丸新道?)の入口を通り過ぎて
12:50西沢山荘(休業中)前から徳ちゃん新道を登りだします。CT2:15でしたが、かなりピッチを上げて登ったので、近丸新道との出合いで14:20でした。
画像画像画像

稜線の方は雲が掛かっていましたが、それでも尾根道は紅葉が綺麗でした。
画像画像画像画像

順調な歩みはここまでで、この辺からバテてしまって、休憩を取りながら歩いて
17:00ぐらいに甲武信小屋に到着しました。
とりあえず、暗くなる前に着けてホットしました。
小屋でテント泊の手続きとビールを買ってテントを張りました。
ここで、ビックリといっても相棒の萬代さんは、新品のテントを買って初の山テント泊、テントを建て様とした所、ポールが無いことに気が付き、唖然出した。先週嬉しくて近くの公園でデイキャンプがてらテントを使ったのですが、デイパックにポールを入れたままで忘れてきたそうです。(これで2回目だそうです・・・)
ということで私の1人用テントで2人で泊まりました。(意外と寝れました)
夜は、萬代さんが作ってくれた骨付きラム入りクスクスでした。山では贅沢な料理でした。
画像

(ちなみにクスクスも持ってくるのを忘れて途中のスーパーで調達していました。)
と言うことがあり、まったく山小屋の方とお近づきになれず残念でした。
小屋には一升瓶が並んでいたり、お会計はお金置き場に自分で入れてつり銭を自分でとるという豪快な方式なので驚いてしまいました。
夜は、寒かったですが、綺麗な星空でした。明方風が強くなり雨も少し降ったようでしたが、朝は晴れていました。
6:40に起きて、まずは食事前に甲武信岳を往復します。快晴で富士山は綺麗に見えるは、奥秩父、八ヶ岳、遠くには・・・よくわかりませんが良い眺望でした。
画像画像画像画像

7:30にテン場に戻り、片付けて朝食です。テラス?でドイツパンのサンドイッチとスープでした。
(このような食事は私1人ではありえないので嬉しかったです)
甲武信小屋は趣がありかわいい小屋だったので写真に撮りました。
画像

また、ここの番犬、こぶちゃん(甲斐犬5ヶ月)をかわいがろうとしたところ、すこし噛まれてしまいました。
8:35小屋を出発、木賊山を巻いて賽の河原に9:07着、なかなか綺麗な眺めでした。この山系全体にいえるのか知りませんがしらびそ?の木が立ち枯れしていて綺麗ですが、山肌が段々侵食されるのは寂しい限りです。
画像画像

9:34笹平非難小屋、綺麗でまきストーブがあり、泊まってみたい小屋でした。
画像画像画像画像

ここからすこしきつい登りですが思っていたよりは楽に
10:10西破風山到着、埼玉県と山梨県の県境のためこの一体の山では両方の山の標識がありました。(埼玉県の方が豪華なつくりでした)、展望は今一です。登りきる手前の岩場が綺麗に展望がありました。
画像画像

10:50東破風山着、ここからの降りはすこしきついですが、鞍部からは緩やかな登りで楽しく景色を眺めながら歩けます。
11:30雁坂嶺着
画像

12:10雁坂峠着、日本三大峠ということで眺めも素晴らしかったです。近いせいか小粒ながら大菩薩峠に似た感じの峠でした。周りの景色はこちらの方が上だとは思います。
画像
画像画像

13:25沢峠右岸から左岸に渡る
14:00舗装道路に出る、これからがダラダラと長い道を下り、15:00ぐらいに駐車場に戻りました。
本来はお風呂に入って帰ろうかと言っていましたが、結局は渋滞になる前に早く帰ろうと
直ぐに車で帰途に着きました。そして残念ながら中央道は事故渋滞、談合坂SAでほうとうの夕食をとることにしました。
画像

結局」事故渋滞からいつもの自然渋滞にかわり、結局は新宿に8:00着、家には9:00頃到着しました。

人気blogランキングへ一票をよろしく!!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
甲武信ヶ岳
テント泊をすべく幼馴染と計画をしていましたが、仕事熱心な彼は休暇が取れず、減量熱心な親方は一人で残雪の残る甲武信ヶ岳へ出かけてみました。 ...続きを見る
Chubbys Monologue
2006/10/16 23:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
エイジさんのBLOGのネタを提供するために
テントのポールは「敢えて」忘れました。
…ということにして下さい(恥)
お世話になりました。。気をつけます。。
mandai
2006/10/16 20:27
えいじさん、甲武信でしたか。
いでしょう?
あの小屋。私の心のふるさとです。今週末酒もってまた行きます。
今度はぜひ泊まってあげてください。本当に素敵な小屋だし、親方、従業員の方々も素敵な人たちです。
ふうろ
2006/10/16 21:24
紅葉の甲武信ヶ岳、綺麗ですね。
実にイイですよ、破風山から雁坂峠も。

実は連休前に行った時にもえいじさん達の今回のコースを計画していたのですが、予想外に残雪が深くて破風山〜雁坂峠へは行けませんでした。えいじさんのレポ拝見したらウズウズして来ました。
今週あたり、まだ紅葉見れそうでしょうかね?
小太り親方
URL
2006/10/16 23:52
mandaiさん、ネタの提供ありがとうございます。そしていつも食事のネタもありがとうございます。これからも期待しています。致命傷にだけはならないように気をつけましょう。
えいじ
2006/10/17 07:51
ふうろさん、小屋の雰囲気は、一升瓶が沢山あって、実にふうろさん向きだと理解しました。小屋の皆様とすこし話しましたが、皆さん良い方ばかりでしたね。こぶちゃんも可愛いですね。
えいじ
2006/10/17 07:56
小太り親方さん、まだまだ紅葉はいけますよ。是非行ってください。雁坂峠までの稜線は晩秋の感じもしましたがまわりの紅葉はこれからではないでしょうか。
えいじ
2006/10/17 08:00
食事、めっちゃオシャレですね!!
私なんて山で食事って言ったら、ラーメンかスパゲッティー(しかもレトルト)くらいですよ・・・。
山の食事もやりようによっては、ちゃんとしたものが作れるんですね。
私もだんだんと工夫していけたらいいなぁ☆
それと1人用テントに大人2人とはスゴイですね!
暖かそうだけど(笑)
くろちゃん
2006/10/17 15:54
甲武信岳、一度行ってみたいです。最初に惹かれたのは名前かな^^なんだかカッコイイ名前だな〜と思って(hiro的にですよ^^)
あっちの山もこっちの山も紅葉で、休みが足り〜ん!って感じです^^;
それにしても、一緒に行かれた萬代さん、いい味だしてますね〜。。。。今後もいい味を出しつつ、致命的にならない程度の活躍を期待します^^
hiro
URL
2006/10/17 20:57
公共機関利用で検討中のお山です。
いいなぁ〜。
紅葉綺麗ですね。
木曽駒
2006/10/17 21:49
くろちゃん、食事は萬代さん担当です。育ちが違うのか色々と私が知らない美味しいものを作ってくれます。下ごしらえをして調味料や食材ももってくるので本格的な料理を味わえます。
えいじ
2006/10/18 00:14
hiroさん、ほんと追加で休みを取らないと行けませんね。萬代さん、確かに良い味出してますよ。食事作るのもうまいし・・・。本物はもっと良いですよ。
あまり書くと怒られますのでまた後日なにかありましたらご報告いたします。
えいじ
2006/10/18 00:17
木曽駒さん、西沢渓谷からであれば、塩山駅から直行バスが出ているので便利そうでしたよ。そちらからであれば毛木平の方が良いかもしれませんね。でも交通機関は調べていないのでごめんなさい。
えいじ
2006/10/18 00:22
木曽駒あん、塩山からのバスが便利です。しかし、今年から平日などで山梨市駅からしか出ない日もあるので調べる必要あり。
毛木平へは信濃川上からですが、バスは梓山までしか行きませんし少なそう。しかも、そこから毛木までは1時間歩きます。車でないと不便です。
私は川上駅からタクシーで入りました。6000円くらいだったかなあ。
ふうろ
2006/10/18 17:30
思わず、すっちーに吸い寄せられちゃいました・・(汗
雁坂嶺の空、きれいですね〜。秋ですね〜。
こぶしは、雪にふられちゃって、ノー展望だったので、今度はえいじさんのコースで晴れの日を狙いたいと思います!だけど、山でクスクス、おしゃれですね〜♪
まゆ太
2006/10/18 23:33
ふうろさん、フォローありがとうございます。毛木平の方が登り易そうですが、交通機関が無いのでしね。
えいじ
2006/10/19 18:19
まゆ太さん、すっちーじゃなくて、コンパニオンですよ。これも仕事だから仕方ないです・・・。甲武信、頑張って行ってください。晴れれば良いですね。食事は一緒に行った萬代さんが、まめで凝性なので日頃食べないものを食べさせてもらっています。
えいじ
2006/10/19 19:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
富士を見ながら甲武信岳から雁坂峠へ えいじ@山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる