えいじ@山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 台風前の鹿島槍ヶ岳

<<   作成日時 : 2006/09/18 14:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

台風が来ていましたが、鹿島槍ヶ岳に行ってきました。天気は曇りでしたが晴間もあったし、雲が高かったので立山や剱岳、富士山まで見えてかなりの眺望でした。
台風前だったので人も少なく楽しい山歩きでした。
残念なのは、後で知ったのですが途中で一緒になった方が熊に襲われ怪我をしました。お互い気を付けたいと思っています。
画像

日時 2006年9月16-17日
コース 16日 扇沢-柏原新道-種池山荘-爺ヶ岳-冷池山荘
     17日 冷池山荘-鹿島槍ヶ岳-冷池山荘-爺ヶ岳-種池山荘-柏原新道-扇沢
同行者 萬代さん、えいじ

9/15 23:54発のムーンライト信州81号乗り込み、信濃大町に向かいます。3日前に予約をしたときにはグリーン席は一杯でしたが、当日の夜8:00に確認したところ、グリーン席が空いていたので変更しました。(グリーン指定席1900円、これでかなり優雅に寝れます。)やはり台風で皆さんキャンセルしたようで、前の席も空いていたので反対にして優雅に足を伸ばして寝れました。
9/16 5:08信濃大町着乗合タクシー(1人1330円バス代と同じ)で扇沢に向かい、登山口まで送ってもらい、6:00から山歩きスタートです。
画像画像

最初は登りがきついですが途中からなだらかな登りになり、歩きやすい登山道でした。でもCTは4時間で目印も無いためどこまで登ったかが判りづらいコースです。高度計の付いた時計を持ってたので、このコースではかなり役に立ちました。(GPSならもっといいと思いますが、まだチョット高いですね)
標識は色々あったので、通過時刻を示すと、ケルン7:00、石畳8:05、水平道8:12、石ベンチ8:20、種池山荘8:57と約3時間で稜線まで登れました。今日は寝れたので良いコースタイムと思いました。
画像画像画像画像画像

眺望は満点で、鹿島槍、立山、剱岳、富士山まで見えました。
画像画像画像画像

大休止して、9:50に種池山荘を出発
爺ヶ岳の登りは少し秋らしさを感じさせる風景でした。同行した萬代さんは、カナダみたいだと行った事が無いのに感動していました?
画像画像画像

10:22 爺ヶ岳南峰着、少し雲が出てきましたが眺望は抜群です。
10:45 爺ヶ岳中峰着、北峰は迂回して、11:35赤岩分岐
12:00 冷池山荘着、雨とかぜが少し出てきたので、本日は少し早いですが山歩き終了
山小屋の部屋はロフト付き10畳以上の部屋を我々2人にあてがわれ、普段であれば20人は入れそうな部屋だったのでビックリです。これも台風のおかげだと思います。逆に寂しく思い、談話室などに行って、皆様と話していました。昼寝も充分でき快適でした。
外は夕方までガスガスで夜は雨でした。
画像画像画像

朝は4:00に起きて5:00出発の予定でしたが、明るくなるのを待って結局は5:40出発です。
合羽を着て途中で雷鳥を見たりしながら
画像

6:30 布引岳
7:08 鹿島槍ヶ岳山頂着でした。かなり短時間で登れました。山頂は雨でガスガスでした。本当の計画では、ここからキレットを越えて五竜の予定でしたが、台風の進路や雨で危険かと思い、勇気ある撤退を決めました。途中で同行した、女性とおじ様の単独行の方は敢行したようでした。
画像

7:28 下山開始し、お花や秋の気配を感じながら・・・、なぜかハイ松の実が沢山まとまってあるところが多く、たぶん熊が食べ残しているのだろうと少し怖くなりました。
画像

9:00ぐらいに冷池山荘に戻り、朝のコーヒーを飲んでいると天気が良くなり、青空も見えるようになってきました。ここでキレットに行かなかったことを悔やみながら・・・いやこれでよかったのだと自己満足しながら後悔を少ししました。また下りるコースは赤岩尾根と思っていたのですが、眺望も良くなってきたので、また爺ヶ岳を通って展望を満喫しながら下りようと言うことで登りのコースを戻りました。
9:25 冷池山荘発
10:55 爺ヶ岳南峰、展望を満喫して休憩です。ウィザーインゼリーを飲んで最後の展望を楽しみました。
画像画像画像画像画像画像画像

11:40 種池山荘着、少し休憩して11:50下山開始
12:20 石ベンチ通過、13:19ケルン通過、14:00に下山口に到着しました。
画像画像

なんと下山口には、救急車と人が沢山いました。我々の方に救急隊の方がきて、と思ったとき我々の後ろから急いで下山してきた方がいて、その人によるとご婦人が熊に襲われ腕を怪我されたと言うことでした。今日のネットニュースで確認したところ、私たちと同一ルートを歩かれていたご夫妻の奥様で我々が種池山荘を下りるときにお先にと挨拶した方でした。
ほんの10分ぐらいの違いで被害に会われました。子づれの熊と出会い頭だったようです。
軽い怪我だったようですが、お気の毒様でした。
登るときも子供の熊を二頭見たという話も聞いていたので危ない時期のようです。
皆様お互いに気をつけましょう。

帰りは、扇沢から急遽直行バスを予約して15:40発のバスで新宿に向かいました。これも台風のおかげで空いていたので乗れました。残念ながら中央道の渋滞で22:00に新宿着、家には23:00過ぎに着きました。
ということで、1泊2日の短い山行でしたが充実した時間を過ごせました。

人気blogランキングへ一票をよろしく!!


少し、お花と秋の気配を撮ってみました。お時間のある方は見てください。名前は知りません。
勉強しようと思いながら・・・
画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
どうしてこの頃コメントが入らないのかなと思っていたら、日光の記事からコメント入力不可になっていました。残念!!
えいじ
2006/09/22 22:50
今日は、以前comment入れようかと思っていましたが。欄が無い??
それは兎も角、近頃凄い勢いで彼方此方出かけられますね。それも殆ど夜行で…矢張りお若くタフでいらっしゃる。。。
輝ジィ〜ジ
URL
2006/09/24 09:11
輝ジィ〜ジさま、コメントありがとうございます。1週間コメントが入らなかったので何が問題か悩んでいました。結局は自分のミスで一安心でした。山は確かに頑張って行っております。用が無い限り、毎週行っています。体力的には何とかなっているのですが、腰と膝の調子が悪く心配している今日この頃です。でもこの夏で体重も5kg減ったので良かったです。
でも輝ジィ〜ジさまのように山を味わうような山行はできていないので、早くその境地に入りたいなと思っております。ご指導よろしくお願い致します。
えいじ
2006/09/25 23:01
えいじさんこんにちは!おじゃまします。
そうなんです。この前、爺に私も行ったので、コメントしようとおもってたら、書く欄がありませんでした(なんでだろーと・・)
鹿島槍行かれてうやましいです。私は冷池のテン場までしか行けませんでしたから・・・・
また、来年かな〜と思ってます。
それでは、また。
hiro
URL
2006/09/26 13:16
こんにちは、また覗きに来ちゃいました☆
私もこの前コメント書こうと思って試行錯誤したんですけどダメだったんですよね(>_<)
復活されたようで何よりです♪

それにしても、やっぱりクマに遭ったり襲われたりって、ないことじゃないんですね。
今まであんまり心配したりしなかったけど、今度からちゃんとスズ付けて歩こうかなって思いました。
くろちゃん
2006/09/26 14:01
ひろさん、いらっしゃいませ。コメントの設定をミスしていました。ごめんなさい。我々も鹿島槍のピークは踏みましたが、ガスガスでした。でも爺ヶ岳からの眺めは感動しました。
えいじ
2006/09/27 00:11
くろちゃん、コメントありがとうございます。お手数をお掛けして申し訳ありません。
本当怖いですね。熊に蜂に自然は怖いです。できる限りの対策はしたいものですね。この頃、私も歩く時はいつも鈴を鳴らしています。
えいじ
2006/09/27 00:15
コメント入るようになったんですね。
この3連休、私も西穂から奥穂の縦走を予定してたのですが、台風で取りやめにしました。
が、意外に天気持ってた見たいですね。
熊には、何度か遭遇してますが、何度あっても嫌ですね。一度だけ本当に至近距離で対峙してもうダメかと思った時がありましたが、睨み合いをしばらく続けていると熊のほうが逃げていってくれました。
その後しばらくふるえが止まらなかったです。
でも、山に入る以上、遭遇するのは避けられないので鈴の音などでこちらの場所を知らせて出会い頭になるのを防ぐしかないかな。
へっぽこ山ちゃん
URL
2006/09/27 16:57
へっぽこ山ちゃんさん、コメントありがとうございます。やっぱり山やのプロでも怖いですか。1人で歩くのが少し怖くなってきました。2人で歩いても危険はあまり変わらないかもしれませんが・・・。気をつけたいと思います。
えいじ
2006/09/28 01:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
台風前の鹿島槍ヶ岳 えいじ@山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる