えいじ@山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 利尻・礼文島の旅、最終編

<<   作成日時 : 2006/07/29 14:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

4泊5日の旅も最終回です。
レポートをまとめますと

利尻・礼文の山歩き(速報編)
7/14 利尻・礼文プロローグ
7/15 利尻山の山歩きレポート(本編)
7/16 礼文島の礼文滝・桃岩コースのハイキング
7/17 礼文島のスコトン4時間コースと礼文岳
7/18 利尻・礼文島の旅、最終編(本レポートです)


さて、最終日
今日は、ゆっくり起きて朝食を食べて8:45のフェリーで稚内に戻りました。
10:40頃 稚内着
飛行機は15:00発なので時間はたっぷりと有ります。観光案内所で色々と観光場所を教えてもらい、まずは稚内駅に行って、天気も良かったのでドライブをすることに決め、レンタカーを8000円ぐらいで借りました。
まずは、稚内公園に行き氷雪の門などをみて、それから納沙布岬まで行って写真を撮って、宗谷岬に向かいます。
画像画像画像

真っ直ぐな海岸通りを飛ばすのが爽快でした。
画像

宗谷岬の手前で丘陵の方に入り、壮観な風力発電設備とお花と牛を見ました。
画像画像画像

宗谷岬で記念写真を撮り14:00には稚内空港に着きました。
画像画像

お土産を買って、20分遅れで東京に向かいました。
羽田で8時間コースを歩いていた若いご夫婦に会い、お互いの無事の帰宅を祝してお別れしました。
家には19:30に着きました。

久々の一人旅でした。北海道の離島は初めてだったので新鮮でした。色々な方にお会いしてお話しすることができて楽しかったです。皆様ありがとうございました。

現在は、手の皮がむけてしまい脱皮状態になっております。出発前の天気予報は全国雨マークでしたが、全て快晴とは言えませんでしたが晴間も出たし雨も降らずに利尻山も見えたし、涼しく過ごせて大変快適な旅(山歩き)でした。

よかったよかったと思った方、思わなかった人もブログランキングのクリックよろしく。
人気blogランキングへ一票をよろしく!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
えいじさん、おじゃまします。
やはりBEL-PAL小僧を20年やられているとだけあって、至福の旅ですなぁ。
この時期に雨にも遭わずに。その上、高島屋のついでに奥様に山道具どっさり購入してもらい・・・日本の北の果ての山へ一人旅、ってある意味で究極の一人旅ですよね。
いやぁ、BE-PAL世代の浪漫を感じます。 
究極の一人度
URL
2006/07/30 08:54
現役で滅多に取れない連続休暇での北海道。
お天気にもそこそこ恵まれHappyでしたね!!
北海道は、独特の雰囲気が有り、何処も、そして何度も出かけたくなる魅力がてんこ盛りですね。。ジィ〜ジ又 行きたくなりました。バフンウニも食べたいし…
輝ジィ〜ジ
URL
2006/07/30 10:11
大雨の被害や天候があまりよくない今年の梅雨時。いくら梅雨のない北海道でもこの時期の山歩きとしてはいいお天気で羨ましいです。
ステキな写真もいっぱい。

一人でこんな時間の過ごし方、羨ましすぎです。
北海道はいいですねぇ〜。
木曽駒
2006/07/30 23:26
>小太り親方さん
BEL-PALは確かに20年読んでいますが、徐々に世代の差を感じつつあります。子育ても終わりようやく自分の楽しみを考えられるようになってきました。逆に相方から諦められた感も否めません。
えいじ
2006/07/30 23:41
>輝ジィ〜ジさん
実は私が所属している会社は意外と休みが取り易いです。親会社がドイツなので文化的に休暇を取るのが普通のようです。結局は結果だけなので、仕事を頑張れば休みも取れるようです。
ということで頑張って仕事してまた休みを取って北海道に行きたい私です。
えいじ
2006/07/30 23:49
>木曽駒さん
本来は妻も同行したかったのですが、家に介護が必要な愛犬がいるためここ1年は2人で泊まり掛けの外出をしたことがありません。ということで別行動の多い夫婦です。(何か別の要因が隠されている・・・)ということで1人で楽しくさせて貰っています。
えいじ
2006/07/30 23:55
風力発電って、大好きですっ!

ゆったりゆったりあんなに大きな羽根が回っているのって、ずーっと眺めていたい風景 NO.1 です。

霧も幻想的ですね。

涼しくなりました。
さるや
URL
2006/08/01 19:53
>さるやさん
そうなんです。私もそう思いました。それもこの風景を一人で見ていると(周りに誰もいませんでした)未知との遭遇をした感がありました。
これだけの風車でどれくらい発電できるのかな?
えいじ
2006/08/01 23:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
利尻・礼文島の旅、最終編 えいじ@山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる